自分の都合で退職

どんなに給付金が増えても、元の給料を上回るようなことは絶対にありません。もちろん、仕事を続けたいと考えているのであれば辞めずにいるのが一番です。これは在職中に雇用保険を払っているからです。雇用保険は給料から強制的に引き落とされますから、あまり自覚していない人も多いかもしれません。失業保険の給付を受けるには被保険者証が必要となります。 自分の都合で退職する場合と、会社の都合で退職する場合は大きく変わってきます。見つかったとしても給料が下がることは覚悟しておかなければならないのです。仕事がつまらないからと言った自分勝手な都合で辞めた人にはそれ程の保護は必要ないということです。手続きをする時にこのことを知っているかどうかで給付額が変わるのです。失業保険の給付金額はどのように決められているのでしょうか。


<<前エントリ | 次エントリ>>