意識し過ぎない

異性はこの様な目で見られると獲物になったような気になる事でしょう。そんなのは屁理屈だと思うかも知れませんが、意識してやってみると周りからの反応が違って来ますので驚く事でしょう。そんな人に好意は持ちません。自分にない物、手に入れてない事を人は「ああしたい、こうしたい」と願うのです。モテないからこそ「モテたい」と言うのです。

物は試しと思い、やってみるとその効果に納得するかもしれません。これでは、ずっとこれからもモテない人生が続くでしょう。モテたいモテたいと意識している人は、目が違います。例えば、芸能人が「芸能人になりたい」とは言いませんよね。それは、人から見えるオーラが、オドオドしたオーラから堂々として自信に満ちたオーラに変わるせいです。

異性を見る目が、物色している様な目になっているのです。大金持ちが「大金持ちになりたい」とも言わないでしょう。なのでモテたいと言っている人は、モテない人という事となります。そして、心からそう思うのです。モテている人が「モテたい」とは言いません。

目に余裕がないのです。これからは「モテる、絶対モテる様になる」と言うべきです。モテる為に努力している事がある場合は、その努力をモテる為にしているのではなく、自分の為のスキルアップと思うと良いでしょう。モテたいのは、万人共通の願いでしょう。しかし、モテたいモテたいとばかり言ったり、モテる事ばかりに気を取られたりしてはいませんか。


<<前エントリ | 次エントリ>>