個人輸入

ネットワークビジネスでも個人輸入は簡単にできるようになっています。もともとネットワークビジネスはアメリカが拠点になっているところが多いからかもしれませんね。それは自己消費目的のみで輸入をしなければいけないということです。かからないほうが嬉しいものです。

貿易形態の一つの中で個人輸入という用語があります。皆さんは個人輸入を経験したことはありますか?インターネットで見てみると、個人輸入の代行を行っているところも非常に多いですよね。今は気軽にインターネットなどで個人輸入ができるようになっていますね。ですので「知らなかったから売ってしまった」という理由は通用しないのです。

個人輸入をする際は関税がかかります。購入した商品の金額が一万円以下の場合は免税となるようです。例えば個人輸入を利用して商品をたくさん買いこみ、第三者に小売をするのは違法行為に当たってしまいます。人に頼まれて買い込んで売ったら実は法律違反だったということがないように気をつけなければなりません。

一般的な商品に対する率は0~12パーセントと言われていますが、製品によって細かく決められているようです。関税がかかるのとかからないのではやはり違いますからね。個人輸入という用語は聞きなれている方は多いのではないでしょうか。個人輸入も貿易形態に含まれていることは知っている方が多いと思いますが、個人輸入ではいくつか気をつけなければならないことがあります。


<<前エントリ | 次エントリ>>