求める役割

多くの人材を管理に当てることはできません。企業がWEBコンサルタントに求める役割は、サイトの最適化はもちろんですがWEBサイトの管理もあります。周りが変わっていくからです。それによって改善すべき点を見つけ出し、必要な最適化を行っていくのです。最適化されたサイトはその時点では完成品ですが、時間の経過とともに機能が劣ってきます。

商品が売れることだけが企業としての成功ではありません。しかし、それを続けていくことの難しさはコンサルタントがよく知っているのです。日常生活でも同じことです。WEBサイトの管理をすることで、消費者の動向や売り上げの状況などを把握することができます。もちろん、サイト構築の時点でそのような自動化を見越した仕組みが施されています。

管理自体を自動化させることが求められています。注意しておかなければならないのは、すべてをコンサルタントに任せることで自社の手間は省けますが、その方向性をしっかりと確認しておくことです。アクセス数を伸ばすことは一時的には可能です。営業戦略に終わりがないのと同じことです。すべてのコンサルタント企業が構築されたサイトの管理をやっているわけではありませんが、多くの場合WEBに関するトータルソリューションとして構築から管理までを請け負っているのです。

コンサルタント企業の多くは小規模です。この作業には終わりはありません。一時的に売れても、継続しなければ恩恵は少ないからです。毎日同じことをしていると、マンネリ化して企業は停滞していくのです。


ニュースをチェックする癖

日常生活の中でWEBを意識しないで済むことの方が少なくなりました。その先のことを考えておかなければならないのです。定期的にセミナーに参加して、最新の情報を収集することは有益です。このようなことはコンサルタントが教えてくれるわけではありません。ニュースとしてWEBコンサルタント企業がメディアに登場することはあまりありませんが、セミナー開催などのお知らせではWEBコンサルタントが開催しているものが多くなってきました。

技術は絶えず変化しているからです。ニュースをチェックする癖をつけておきましょう。その中から自社にマッチした方向性を見出すことが大切です。それらを理解することも大切ですが、永続的に活用できるものではありません。

WEBマーケティングを行うことが目的ではありません。自社の方向性の問題だからです。もちろん、コンサルタント企業はたくさんありますが、それぞれに特徴を持っておりすべての企業が満足できるわけではありません。国内だけではなく、世界中でその傾向が強くなっているのです。

ほとんどの企業がWEBマーケティングを重要視しており、そのための効率的な手法を求めているのです。自社に関係ないように見える事柄でも、どこでつながっているかわからないのです。ユーザーに受け入れられるサイトを構築することは大切ですが、経済の動向も知っておきましょう。コンサルタントのセミナーの中には、SEO対策やリンクの方法などテクニックを主体としているケースも見られます。


<<前エントリ | 次エントリ>>