高度先進医療の保障

商品によっては免疫療法や放射線による治療法など自己負担が高額になる治療に対して給付金を支払ってくれるものがあります。命が助かって一安心した後に、膨大な治療費がのしかかってきて苦しむことのないように、高度先進医療もカバーしてくれるがん保険は選び方のひとつの目安になるでしょう。しかし医療技術が高度になってくると逆に心配になるのが治療費の高騰です。例えば放射線の一種である粒子線をがんに照射する方法では、エネルギーを最大にする時点を調節できるため、がん以外の正常な組織を傷つけることなくがんを狙い撃ちできます。がんもそのひとつで、例えば肝臓がん患者数で見てみると、治療後5年の生存率が80年代ではおよそ22%だったものが90年代にはおよそ45%にまで上昇しているようです。

医療の進歩とはすばらしくありがたいものですね。そのため高度医療が必要にならないことを願って予防医学に努めるのもひとつの選び方かもしれません。手術などで必要となってくる入院日数も、平均65日だったものから平均30日へと半減しているそうです。このような治療では1回につき300万円以上がかかるようです。

お金がないために治るかもしれない高度先進医療が受けられないなんて、そんなもどかしいことはありません。高度先進医療が必要になる可能性はそんなに高くないかもしれません。ただし、それぞれの保険によって保障対象となっている高度先進医療が異なり、給付金額も違いますので確認が必要です。公的保険が受けられない高度先進医療の部分では、自己負担が大変高額になります。

もし自分ががんに罹ってしまったら、どんなに高額な治療法でも試してみたいというのが本当の気持ちでしょう。しかし自分の身にふりかかったら、というリスクを考え保険で備えるか、あるいはその医療費をまかなえるだけの貯蓄をするか、よく考えて選択してください。そのため、各保険会社が競うようにがん保険の商品を発売し、がん保険に加入する人も増えてきています。健康で長生きしたい、そう願う人々に応えるかのように、医療技術は進歩し最先端の治療法や新しい薬の開発も進み、昔は治らないとされていた病気でも今では治療可能なものとなってきています。


<<前エントリ | 次エントリ>>