日本で必要な予防接種

但し電気や上下水道、行政力、治安の質が低くなってしまうかもしれないと言う事は頭に入れておきましょう。また衛生面に関しても途上国とは言えどもたくさんの人々が暮らしている場所ですから、医療施設等必要な施設や社会の仕組みに関する事は一応そろっていると考えて頂ければ良いでしょうまた生活に最低限必要な物も手に入ります。またインターネットの設備さえ整っていれば医療情報に関する事は情報が得られますので活用して頂ければ良いでしょう。但し途上国に海外赴任する場合、日本で必要な予防接種をする事が必要ですし、有る程度の持病(歯医者等)は行って置く様にしましょう。

仕事で海外赴任に行くと言う事ですので、生活について大げさに心配する必要は無いと思います。医療に対する常識を持っていると大丈夫だと言う事を覚えておきましょう。しかし日本の忙しかった日々と比較して時間と心の余裕が持てる様になります。

途上国の場合、衛生面の水準は日本と比較すると低いですし、それに伴う病気も実際に有ります。また途上国に行った場合ですが、衛生面に関する事も不安になるかもしれません。もし途上国に行った場合、効率的に生活をすると言う点に関してはあまり期待は出来ません。

どこの国に行くにしても海外赴任先での生活環境はとても不安な事と思います。また良いレストランや良い食材が欲しいなと思う場合、お金持ちを対象とした店舗も有ると思いますのでそうした所に行くと良いでしょう。しかしあまりびくつく事も無いと思います。


仕訳

分け方は「持っていくもの」「残すもの」「捨てるもの」に先ずは分けます。しかし賃貸住宅の場合だと大抵の場合部屋を引き払う事になる為、荷物も全部持っていくか処分するかどうにかしなければならなくなります。海外赴任で海外に引っ越しをする場合、現在住んでいる住宅が持ち家か賃貸かで荷造り方法が変わってくると思います。

今使っている荷物を全部持っていければ仕訳をする必要もないのですが、輸送代だけでかなりの金額になってしまうと思いますから、やっぱり持っていく物、持っていかない物は仕訳をした方が良いでしょう。海外に引っ越しをする際、何をどう仕訳して何を持っていったら良いのか分からなくなると思います。そして持っていくものに対して「直近で使いたいもの」「直ぐには使わないから別送したいもの」に分けます。

当面使う予定が無いものは船便にして、早めに使いたいものは航空便を使うと良いですね。また、海外赴任先の事情によって荷物の持ち込み量などが制限されている事も有りますので、事前に確認しておく必要が有ります。何から使いたいか送ってもらう順番も引っ越し業者さんと話し合っておくと良いですよ。

もし実家が有ってそこに置いておけるなら一番良いとは思いますが、そうじゃないならトランクルームを借りると言う方法もあります。持ち家の場合で家を処分しないのであれば、不要な荷物はそのまま置いていく事が出来ます。そして別送でも「早めに使いたいもの」「当面使う予定が無いもの」とに分けられると良いでしょう。


ご実家に預かってもらう

海外に持っていけない、でも捨てる事もしたくない、でも日本でも荷物を置いておく場所も無いと言うケースも結構多いのではないかと思います。また、会社によってはこうしたレンタル倉庫等を使用する費用を出してくれる所も有るみたいですので、海外赴任が決まったら会社にどう言った物を補助してくれるのか会社の規定について事前に聞いておくと良いと思います。また常温でも大丈夫なもの、不要な食器、自転車、キャンプ道具、レジャー用品等は普通のレンタル倉庫に預けておくと良いでしょう。

ご実家に預けられるスペースが有る場合、ご実家に預かってもらうと言う事も出来るかと思いますが、それもそんなにケースとしては多くないと思います。今使っている荷物でも海外赴任先に全部持っていくと言うのは無理だと思った方が良いでしょう。

安い所ですと月額5000円代から有るみたいですので、調べてみると良いですよ。荷物を預けられる場所として考えられるのは先程挙げた「実家や親戚の家」「トランクルーム」「レンタル倉庫」等が挙げられると思いますレンタル倉庫やトランクルームは気軽に借りられて保管が出来るので良い預け先ではないかと思います。

但し環境が整っている場所ほど預ける金額も高くなっていきますので、その辺の事も考慮すると良いですね。最近ではワイン、楽器、美術 品等、湿気や温度管理が必要な物について用途に分かれて預けられる物も有るみたいなので調べてみると良いですよ。 実家や今は貸倉庫なども月数千円で借りる事が出来ますので、それらを利用してみるのも手だと思います。ただ運ぶ際に業者に お金を払う必要があることを覚えておきましょう。