健康保険協会などでは

医師は特別な理由がない限りジェネリックを使用することになります。言い換えればこれまでは市場原理の働かない独占状態にあったと言うことですね。健康保険協会などでは医薬品の価格を抑えるためにジェネリック医薬品の使用を促しています。下げても利益を出している企業があるのですから、高く売ることはできなくなるのです。

ジェネリックが始まった当時はジェネリックを使用する時だけ、医師が署名をすることになっていました。しかし、実際にジェネリック医薬品を選択するのは、薬を処方する医師です。このカードは「私はジェネリック医薬品を希望しています」と言う意思表示をするためのものです。その医師に対して、患者側からジェネリックの使用を促してもらうためのものがジェネリック医薬品希望カードです。

市場原理を医薬品業界に導入したことになります。もちろん、このカードがなければジェネリックが使用できないと言うことではありません。つまり、何もしないと言う行為が逆の意味に取られるようになったのです。しかし、現代では使用しない時だけ署名をすることになっています。

ジェネリックを使用したがらない医師にジェネリックを促すためのカードと言えるのです。薬の価格を無理やり下げさせたいわけではありません。私たち患者ができることはジェネリックカードを出して、医師へのプレッシャーをかけることです。これも厚生労働省がジェネリックを普及させたいと考えて行っていることです。


アリナミンと同じ効能

どこかで聞いた名前です。その代わりに、アリナミンと同じ効能であることを表記できるのです。アリナミンは病院で処方される薬ではありませんから、薬局などで気軽に入手できます。目の疲れ、肩こり、腰の痛みにアリナミンではなく、アリナミンのジェネリックです。アリナミンのジェネリックであるビタトレールEXPを試してみませんか。

アリナミンの効能をそのまま謳い文句にしたジェネリックです。それでも、効能がよくわからない薬よりも、確実に効くとわかっている商品を購入するのが消費者と言うものです。薬品の開発費が不要なのですから、企業にとっては安く販売しても大きな収益伝となります。ジェネリック医薬品を販売する時は、先発薬よりも価格を下げなければならない決まりになっています。何だか、この会社名もジェネリックのような社名ですね。

日本人は健康保険があるために、すぐに病院に係る傾向にあります。ジェネリックが登場することによって、安価なアリナミンとなるのです。アリナミンは体の疲れを癒し、滋養強壮を促す薬として多くの人が愛用してきました。そして、無用な薬を処方してもらっていたのです。アリナタッチEXは米田薬品工業です。

アリナミンと同じ成分のジェネリック医薬品が続々と登場しています。テレビコマーシャルでアリ ナミンの名前を聞いたことがない人はいないかもしれません。それほどにアリナミンはポピュラー な医薬品だったのです。このアリナミンにもジェネリックの波が押し寄せています。 ですので価格がこれまでの半額くらいででるようになっています。消費者には嬉しいことですよね。